女性医師の現状

女性医師について

Home > プライベートな時間がない

プライベートな時間がない

女性医師の不安としてプライベートな時間がないことが大きな女性医師の不足の原因になっています。医師と言っても女性です。当然、プライベートの時間を作りたいのもありますし、結婚や出産を行いたいという願望も当然のことです。しかしその医師不足の影響もあり、充分なプライベートな時間がないのが現状です。

特に、産婦人科や小児科、救命救急などではひどいように思われます。どの科も共通して言えるのは、24時間体制を保たなければいけないということにあります。当然、夜勤もこなさなければいかず、医師を忘れての充分な休息がないという現状があります。

また、それが原因で結婚ができない、結婚しても子育ての環境をつくることができないという理由でさらに女性医師が減ってしまうという負のスパイラルが起こっています。このような現象は、患者側からみても医師側からみても絶対い改善しなければいけない問題です。病院だけではなく政府も一丸になって対策していかなければ問題なのではないでしょうか。