女性医師の現状

女性医師について

Home > 育児休暇後のキャリア形成への影響

育児休暇後のキャリア形成への影響

女性医師の不安の一つに、育児休暇後のキャリア形成への影響が挙げられます。女性は結婚をして出産をすることがありますが、その際、育児休暇を取ることができます。育児休暇を終えてから職場復帰するという女性医師は多いものの、休んでいた間に何かと職場の環境は変わっているかもしれません。休んでいた間に最新機器が取り入れられていたり、勤務体系が変わっていたりするだけで、自分の存在価値が分からなくなってしまうこともあります。

こういった不安から、育児休暇後、思い切って退職してしまうという女性医師も少なくありません。しかし、これでは今まで培ってきたキャリアがもったいなくなってしまいます。

そこでキャリア形成を考えるためにも、転職という形を取ってみることも方法の一つと言えます。育児休暇後でもこれまでのキャリアをきちんと把握し、認めてくれるような職場を選択することで、その後もスムーズに働くことができるようになるはずです。