女性医師の現状

女性医師について

Home

女性医師の現状

女性医師とは

女性医師とは一昔前に比べると、随分、増えてきたという印象を受けるものです。しかし、男性医師に比べるとまだまだ働きにくい環境となっています。

その理由は至って単純です。女性医師はいずれ結婚をして出産をする可能性が高く、それによって一時的にでも休職することになってしまいます。育児期間に働けないということで、病院側から退職に追い込まれてしまうということもあり、女性が働く環境としては、十分、整っているとは言えません。

中には託児所付きの病院もありますし、勤務時間に配慮してくれる病院もあります。必然的にそういった病院を選ばざるを得なくなってしまうことから、女性医師の転職は非常に厳しいものがあります。

そこで女性医師として働くことを希望する女性は、仕事を理由に子どもが産めなくなるということがないようにするためにも、職場選びには慎重になる必要が出てきます。将来的なことも見据えての就職活動、転職活動が必要となってきます。

女性医師の現状

女性医師の現状は、厳しいところがあります。まず、男性医師と比べて圧倒的に人数が少ないです。その理由はいくつかありますが、一番の違いはなんといっても出産が原因といえるでしょう。

男性と違って、女性は出産の時期に休まなければいけません。出産はだいたい20代後半から30代が一般的ですから、一番腹たきたいときに出産、子育てで休まなければなりません。

技術を一番磨くときですから、その期間の休みは病院にとっても本人にとってもとても痛手になります。そして、休みが終わればまた今までどおりに病院に戻れるかといえば、そのような環境が充分整っていないのが現状といえるでしょう。

そのため、女性で出世していくには結婚もしくは出産をあきらめなければいけないような例も多くあります。少子化、医師不足が騒がれている現代においてそのような状態を放置しておくのは非常にいけないことです。病医の理解、政府の政策をしっかりして改善していかなればいけないと思われます。

女性医師の転職

女性医師の転職は割と多くなってきています。きっかけとなるのは圧倒的に結婚や出産です。人生の転機ともなる時期ということもあり、慎重に転職先を選ぶことになります。

結婚だけならまだしも出産となると、満足のいく働き方はできなくなってしまうかもしれません。家事や育児を優先したいのなら、勤務時間を少なくすることになります。育児中は託児所に預けることも検討しなくてはなりません。こういったことを踏まえた上での転職となると、条件が多くなってしまうため、転職活動は困難となってきます。

ところが最近では医師不足が懸念されてきていることから、結婚や出産を機に退職してしまわないようにするために女性医師にとって希望の光が見えてきたところでもあります。それは勤務時間を配慮してくれたり、近くに託児所が設けられていたりするような職場が増えてきているのです。これなら、結婚や出産をしても女性医師として働き続けることができやすくなるはずです。